三明ケミカル会社案内 SiteMap
三明ケミカル ロゴ
こんなお悩みは三明ケミカルへ SANMEI 三明化成株式会社
お問い合わせフォーム
お問い合わせは北関東営業所へ TEL:0276-72-5849/FAX:0276-72-9530
取扱商品一覧 水処理剤・水処理装置 微生物剤 オゾン発生装置 農業用資材 Q&A 導入事例 事業所案内
HOME > 三明ケミカル会社案内

三明ケミカル会社案内

三明ケミカル会社案内

会社概要

商 号 三明ケミカル株式会社
創 立 昭和44年2月1日
本 社
所在地
〒141−8615
東京都品川区西五反田1−21−7
[地図]
TEL 03−3491−3661
FAX 03−3493−6326
E-mail sanchemi@sunmay.co.jp
北関東
営業所
〒374−0042
群馬県館林市近藤691−3
[地図]
TEL 0276−72−5849 
FAX 0276−72−9530
E-mail chemical@sunmay.co.jp
資本金 30,000千円
役 員 代表取締役社長 木村 壽
専務取締役 木村 哲
取締役 大野 浩
監査役 木村 一枝
監査役 地曳 利雄
事業
目的
◎農業用薬剤の製造及び販売
◎防疫用薬剤の製造及び販売
◎医薬品及び医薬部外品の製造及び販売
◎肥料の製造及び販売
◎苗木・種子の育成とその販売
◎病害虫の防除及び除草
◎上下水道並びに浄化施設の維持管理
◎上下水道並びに浄化施設の浄化剤、浄化器具の製造及び販売
◎上記各号に付帯する一切の事業
取引
銀行
三井住友銀行  五反田支店
みずほ銀行   五反田支店
官公庁 
届出・
許可番号
農薬登録
農林水産省登録:第10444号 他17品目
肥料登録
農林水産省登録:生第46718号
医薬品一般販売業
許可番号:品川保健所第4号
医薬品一般販売業
許可番号:館林保健所第41号
毒物劇物一般販売業
許可番号:第1023-3号
種苗業者届出
届出番号:62農産第7039号
農薬販売業届出
届出番号:労経農緑第30号
肥料販売業届出
届出番号:東京都第58-17号
主要
納入先
ヤスタケ木村商事株式会社
トヤマ農材株式会社
岩手農産株式会社
有限会社長沢商店
東農薬株式会社
株式会社栗原弁天堂
カネコ種苗株式会社
株式会社アセラ
小林産業株式会社
株式会社アグロ信州
広田産業株式会社
株式会社富山
株式会社金星商会
株式会社高岡屋
株式会社金井商会
ディーエーエス菱商株式会社
日本設備保全株式会社
フジクリーンサービス株式会社
株式会社善興社
三洋設備工業株式会社
住重環境エンジニアリング株式会社
東日本旅客鉄道株式会社
西日本旅客鉄道株式会社
海上自衛隊需給統制隊
名鉄住商工業株式会社
近畿日本鉄道株式会社
西武鉄道株式会社
東武鉄道株式会社
伊豆急行株式会社
国立極地研究所
株式会社さいたまアリーナ

会社沿革

昭和44年: 合資会社三明商店が昭和8年より行っていた農薬販売を引継いだ三明化成株式会社は、農薬・水処理剤製造販売部門を強化する目的で同事業を分離独立、品川区大崎に専業会社として三明ケミカル株式会社を資本金1,000万円で設立。
昭和45年: 増資により資本金13,000千円となる。
農業部門の充実を図り、長瀬産業株式会社と業務・資本提携し農薬「デナポン」の各種製剤を製造、販売開始する。
昭和47年: 農業肥料「ガイピー」を開発。製造・販売を開始する。
昭和50年: 海上自衛隊護衛艦用の循環式汚物処理装置に使用する「艦艇用汚物処理剤」を開発。又民間の一般船舶及び観光船のトイレ用としても「ハイポリン」を開発、製品の製造販売を開始する。
昭和52年: 農薬の安全性・効能・効果の性能向上を図るため、茨城県古河市に実験園場として、生物研究所を開設する。
植物栄養剤「ガイピープロ」を開発。製造販売を開始する。
昭和53年: 農薬長瀬産業株式会社が出資参加。増資により資本金30,000千円となる。
昭和62年: 種子消毒用「コサイドSD」の登録を取得。無機硫酸銅製剤「コサイドボルドー」と共に販売を強化する。
合成ピレスロイド製剤「マブリックナック水和剤」の登録取得。
昭和63年: 農薬「ラービン製剤」3品目の登録を取得。製造販売を開始する。
平成 元年: JR車両用トイレの循環式汚物処理装置に使用する処理剤「ハイポリンL」を東日本旅客鉄道株式会社の協力のもとに実用化に成功。販売を開始する。
平成 2年: 群馬県館林市に北関東営業所を開設し、北関東地区の市場開発を図る。
平成 4年: JR車両用トイレの循環式汚物処理装置に使用する処理剤「ハイポリンL」の性能向上を期し、研究開発の結果、ハイグレードの新製品「ネオタフロン」を開発。
平成 4年: 製造部門合理化のため大崎工場を閉鎖し製品製造の外部委託を実施。自社製造工程を持たない製造会社となる。本社を三明化成新社屋に移転。
平成 5年: 「ネオタフロン」を東日本旅客鉄道株式会社の協力のもとに実用化に成功。販売を開始する。
平成 6年: 光合成細菌・微生物剤「マイクローブ・リフト」を輸入。
沼・池の浄化・環境美化の維持方法を確立し、ゴルフ場関係への販売を開始する。
平成 8年: 根域制限資材「スピンアウト」の販売を開始する。
平成10年: 底面灌水システム「ボトムアップ」の販売を開始する。
平成13年: トイレ用尿石除去洗浄剤「トレピカワン」シリーズの販売を開始する。
油脂分解用液体酵素剤「ハイポルカOL」の販売を開始する。
平成16年: 本社を現住所に移転する。
神奈川県相模原市に相模原営業所を開設する。
平成19年: 新潟県三条市に新潟出張所を開設。
平成20年: 三明化成株式会社が長瀬産業株式会社保有の三明ケミカル株式全額を譲受。
平成27年: 神奈川県相模原営業所を
神奈川県川崎営業所へ移転する。

採用担当者挨拶

積極性と責任感を持つ人材が会社を造る

 当社は、昭和44年、三明化成株式会社の農薬・水処理事業部門を強化するために分離・独立し、現在に至るまで農薬と水処理事業を両輪に生活に欠かせない商品を提供している専門商社です。

 農薬と水処理事業は、関連性を感じられないと思う方も多いと思いますが、「環境」から見ると農業も水処理も地球の負荷を減らす事が求められている点で同じ目的を持った事業です。当社としては、農業・水処理事業を通じて地球環境に優しい社会作りを目指します。

 当社の強みは、関東を中心に静岡、山梨、長野、新潟に渡る広範囲な販売ネットワークを駆使した事業展開を図り、お取引先にきめ細かいサービスを提供している所にあります。

 当社が、事業を更に発展させるために必要とする人材は、積極性と責任感のある人材と考えております。この様に書くと何か人より優れている人材の様に聞えてきますが、ちょっと考えれば、当たり前の事かと皆さんも思われると思います。消極的で責任感が薄い人に対して、何かお願いする時に不安を感じることは、皆さんも学生時代に経験されていると思います。積極性と責任感は、当たり前の事を地道に実行する意思と言い換えてもいいでしょう。

 私たちの会社は、積極的で責任感のある人に、その潜在能力を発揮して頂ける職場を提供する様に努めています。

採用担当:大野 浩 山之内 恵

採用情報

求める人物像 募集要項 先輩社員の声

求める人物像(営業職)

営業職に求められる人物像

募集要項

募集要項を掲載しております。

先輩社員の声

先輩社員の声をご紹介します。
取扱商品一覧
水処理総合商品
四国化成工業関連商品
浄化槽・産業排水周辺商品
浄化槽・維持管理システム
高度厨房排水処理システム
ビルメンテナンス商品
温泉・スパ・お風呂関連商品
微生物剤
池・ラグーン用微生物剤
浄化槽用微生物剤
環境衛生消臭剤
グリストラップ用環境衛生剤
オゾン発生装置
オゾン発生による脱臭・殺菌効果
室内用オゾン発生装置一覧
業務用オゾン発生装置一覧
オゾン発生装置導入プラン
農業用資材
殺虫剤
除草剤
肥料
害虫駆除剤など

三明ケミカル最新情報

 
三明化成株式会社
SANMEI
THAI SANMEI タイ国・現地法人
copyright © 2002〜2008 SANMEI All Rights Received. このページの先頭へ